読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご近所さんらしい…「人ってなんのために働くの?」

夫が近所の焼き鳥屋さんで知り合った、オオギさんというお坊さん。

ぶっちゃけ寺”に出演していた住職さんらしい。

お住まいも近所とのこと。

 

magazine.nimaime.com

 

子どもに伝えたいと思っていたことは、

・18歳になったときに、自分で自分の道を決めてほしい

・40歳になったときに、人生で、どんな仕事で世の中の役に立ちたいか決めてほしい

 

オオギさんは、働くとは、端(はた)を楽(らく)にすること、という。

苫米地英人さんは、職業とは、お金儲けのためでなく、社会に提供する機能、という。

 

大事な時間を何に使うか?自分の道は、何が何でも自分で決めなくてはならない。

それは他人に示された道を行くよりも、時には何倍も難しいことかもしれないけど、

漠然と生きていたら、きっとどこかで立ち止まるときが来てしまう。

 

寝食を忘れるほど没頭できるナニカ、社会に貢献できるナニカを私も見つけたいし、

突き詰めたいし、

子どもたちにも見つけてほしい。

きっとみつかるさ!