片付のモヤモヤが改善

「もったいない本舗」の段ボールに、読まない本を詰めていたところ、

夫が興味を示したので、

「読まない本、入れて良いよ」と伝えたところ、

私の本より大量の本が出てきた。

段ボールに入りきらないかと思った。

きれいに詰めないと入らない、ということで、

詰めなおしたり。

 

夫主導で詰めなおしをして、

もう少しはいるな~となっていたところで、夫に「これは?」と聞いたのは、

パソコン関連の専門書(夫はSE)。

 

私が、最も、不要と思っていた本。

 

そしたら、アッサリ投入。

 

これで、すべての本が本棚に入る。

 

 

しかし、翌日。モヤっとした。

夫は、自分の使った食器を洗って拭いて食器棚に入れたけど、

そこじゃない!というところにしまっていた。

モノをカテゴライズして片付していたのは私で、

ゴッチャリがイヤだから、処分も進めていたのに、

モヤモヤ一番していたのは私。

こういう、「おもってたんと違う」ところにテキトーにしまわれるのが、

けっこうモヤモヤの原因だったよう。

で、結局わたしが片付ける、というのがストレス。

 

もうこれね、私やんない。

言うだけにします。そのほうがモヤモヤしないもん。

 

つぎは、ブランディアの箱詰め。

夫父からもらったブーツを処分するぞー!