流山の相談

リフォーム会社は、私の心の中で2社に絞り込まれた。

有限会社Mと、M工務店

イニシャルにすると、両社とも奇跡的にMになってしまい、わかりづらい。

 

有限会社のほうは、現地調査の際に、耐力についても考えてくれた感じで、

設備の仕様もその場で絞り込んでいった。

仕事が早い感じ。

好感を持てた。見積も良心的なお値段。

大家さん仲間に見てもらったところ、物言いがついた。

キッチン入替費が高い。あと50万は減らせる。(現状トータル450万(税込)

 

対して、工務店

現地調査は。今週木曜。つまり、まだ。

見積も出ていないのに、候補にあげるのは、ズバリ、大家さんが良く頼んでいるから。

安く仕上げてくれるんでないか、と。

現地での様子で判断しよう。

安いからお願いする、とはならないけど、100万とか安くなるなら、話は別よね。

でも忙しいのかも。

 

大手リフォーム会社は1200万リフォーム会社は750万工務店規模は450万

けっこう差がある。

どこに頼んでも、結局作業するのは職人さん。

なのに、こんなに価格に開きがある。その差額は、どこに消えるのでしょうか…?

 

「大手なら安心」

その根拠は、たいてい、「みんなが知っているから」「保証があるから」

みんなが知っている=CMにお金かけてる

(CMの費用は誰が払ってる?)

保証がある=保証を謳ってクレームに対応する

 

ちょっと考えたほうが良いと思う。

(大手で6000万規模の注文住宅建てたのが身内にいるヤツが言うのもナンですけどね)

 

昨日は、先輩大家さんに電話で相談。

流山、お友達に見に来てもらうつもりだったのだけど、

どういうふうにするのか?の相談に乗ってもらった。

「自宅であること」をとても考えてくださった。

ありがたい。

あまり大人数でやらないこと

・わけわかんない人を呼ばないこと

大人数すぎると、ご近所のご迷惑にもなるしね。

 

夜は、コラムを執筆。

 

これから、銀行のアポ取り、実家に電話(週末にお墓参りに行く件)