アラフォー主婦で新米大家、エリーのブログ

戸建大家で二児の母、エリーの雑記ブログです

私の幸せ感

 

私のブログには「幸せ」という言葉がたくさん出てくる、というお言葉をいただきました。

エリーさんのブログ | 夢追い狂アパート経営 - 楽天ブログ

 

うわーこっぱずかしい、と思ったものの、

 

なぜ、しあわせ~とか書いちゃうのか?

それは、

まあ、

「幸せだと思っているから」です。

 

身も蓋もないない表現ですが。

 

朝起きて、子ども達に囲まれていることに幸せ感じて、

夜寝るときに、また子ども達に挟まれていることに幸せ感じながら、寝るのです。

(ほんとは寝たくないけど、オチてしまう…)

 

んで、なんで幸せかっていうと、

ときは遡って、長男妊娠発覚の頃だから、

7~8年前です。

 

当時、結婚もしてなかったのに妊娠してしまった私。

「やべー」とは思ったけど、「産まない」選択肢はなかった。

当時は必死で気付かなかったけど、無意識のうちに、腹をくくってた。

 

困らない程度に貯金はあったし、実家も近かったけど、

あたし子ども嫌いで。ていうか怖くて。

 

でも、腹の子は、私が困ろーが迷おーがどんどん大きくなっていく。

 

だから、怖い、という感情を克服するしかなかった。

それで、知識を味方につけた。

 

ポイントは、

「誰かがなんとかしてくれる」とは思わずに行動したことだと思う。

 

 …

…たとえばね、

今の自分の状況が、(自分以外の)誰かのせい、と思っている人は、

端目に幸せそうでも、実は違うかもしれない。

逆に、スゲー苦労してるように見えても、

今の自分は、過去の自分の選択にあるんだ、と思っている人は、

幸せに生きられるんだと思う。

要は、自分の人生に対する責任、かな、と思う。

 

 

高校の同級生に会ったとき

「○○先輩みたいのが、勝ち組だよね。私なんか負け組」とか言ってて、

彼女は上級公務員で、夫の人も東大卒の上級公務員で、子どもが1人いて、

それでも、まだ足りないの?

ってビックリしたのを覚えてる。

 

私は、子どもと一緒の時間とか、

入居者さんからのお手紙とか、

セミナ―とか勉強会とかで良い話を聞けちゃったり、

楽しい時間だなーと気づいたときとかには、

嬉しくて、そんな時間に感謝する。

 

でも、そんな幸せも、ずっとは続かない。

子どもだってどんどん大きくなって、友達のほうが大事になってくる。

 

子離れできてないのもヤバイので、

子ども由来の幸せは限定的なのだと知っていなくてはいけない。

 

だから、今を楽しみつつ、依存しない楽しみを持たなくてはいけません。

 

キューバやってみたいんだよね。

だれか一緒にやってくれないかな?

 

そして、最近気づいたのだけど、

東京から、千葉に引っ越してきてからの方が、幸せ感が増している気がする。

やっぱ家が広いからかな?

 

しかし、いろいろ考えても、地方はサイコーだと思うのです。

①住居費が安い

 (家賃も、住居取得費も、固定資産税も。)

②住居費が安いから、他にお金をまわせる

③家や庭が広い

④食べ物が美味しい

⑤公園が大きい、もしくはたくさんある

⑥保育園に入れる

 

…今思いつくのは、これくらい。

だって、うちの固定資産税、約4万ですもん。敷地・延床ともに100㎡で。

藤枝市は3万、焼津市なんて2万)

 

まあ、地方のデメリットとしては

①虫が大きい

②ご近所付き合いが発生する

(これは大丈夫な人も多いと思う)

③まちが遠い

(新宿まで1時間…)

 

 

 

今日はこれから、

不動産屋さんに電話(昨日見つけた焼津市戸建について問合せ)

藤枝入居者さん宛手紙執筆

宅建の勉強

 

宅建ガンバルぞー!